<< back to eaudevie


松田光弘は、建築とファッションをコラボレーションした最初のデザイナーです。
東京の有名なデザイン学校を卒業し、“東京ファッションウィーク”の創設者でもあります。

松田光弘(ニコル)は最も有名な日本のファッションハウスブランドの一つとして1967年に設立されました。
その素晴らしい功績の一つは、微妙なディティールと比類のない素材で作られたアイウエアです。
1989年に発表されたユニークなコレクションアイウェアはコレクター垂涎の芸術作品とまで考えられるようになりました。

22.5Kメッキ、セルロイド、チタン、スターリングシルバー、18K純金、金を含め最高級の素材のみをそれぞれのモデルに使用されています。

また、ターミネーターのサラコナーやアイアンマンのトニースタークが使用するなど、話題性も事欠きません。
サラコナーの使用していたモデルは、伝説的なヘリテージモデルとして復活されました。

MATSUDA EYEWEARの細部をよく観察してください。
いかに職人の手がかかっているかがわかります。




M-1013
最もMATSUDAらしいデザインをしたサングラスです。
サイドの革風防は取り外しができます。
クラシックなオープンカーには抜群の相性です。

◆ ◆ ◆ ◆
M-3016
サイドの風防にステンドグラスの七宝が施されています。
磨かれたメタルフレームと相まってとても美しいです。
状況を問わず、クラシックな装いが出来る一本でしょう。





M-3032
映画"アイアンマン"の主人公・トニースタークが使用し、大ブレイクしたモデルです。
アメリカでは今でもバックオーダー状態の人気商品。
こちらも風防が効いています。
M-1005
丸メガネ。MATSUDAが作ると丸メガネも一味違います。
細かいディティールのこだわりが随所に見えるでしょう。
テンプルの裏側模様や先の金具のデザインが見ものです。





M-2023
MATSUDAが創るコンビネーション。
テンプルの飾り、ブリッジの飾り、智の部分の飾り。
拘りが随所にあります。
じっくりご覧ください。見るほど価値がわかります。
M-3009
このコンビネーションも良くできています。
テンプルサイドの出来栄えは感動してしまいます。
別売りのクリップオンを使えばサングラスにもなります。





M-3048
2015年にリリースされた新型は丸メガネのコンビネーション。
特徴は、その繊細さにあります。随所に施された細く柔らかい飾りがこのモデルの存在をアピールしています。

M-3032
かなり大胆なデザインです。
いかつい風防と太いテンプルが存在感をアピール、こちらもオープンカーなどで大活躍するモデルです。
ブリッジの細かい細工も楽しいです。












その他のモデルも確認出来ます。












     

© 2015 eaudevie. All Rights Reserved.