EAUDEVIE

Sunglass - Mountain Climbing


度付きスポーツサングラス
登山用



▼登山用スポーツサングラスのポイント。

(1) 紫外線を400nm(ナノメーター)まできちんとカットする。
(2) 5,000m以上の高所登山の場合は500nmまでのブルーレイもなるべくカットする。
(3) 状況に応じたレンズカラーを使う
(4) サングラスがずり落ちない
(5) 風や紫外線が入り込まないようサイドまで回りこんだデザイン
(6) なるべくコンパクトで軽い

山の紫外線は非常に強く、網膜まで強エネルギーの波長が届き破壊します。
夜になると眼が痛かったり、涙が出るのは眼にダメージを負っているのです。
長い期間すこしずつ蓄積して白内障などの病気を引き起こしますので、必ずグラスをしましょう。


▼登山に適したレンズ

登山の時には常に掛けていられるようにする
「眼を守る」という事を考えれば、登山の時には常にスポーツグラス(サングラス)を掛けられるようにしたいものです。

当店のスポーツグラス(サングラス)は、レンズの色合い、色の濃さは関係なく「紫外線100%カット」レンズです。
長時間使用できる(掛けていられる) 「色合い」、「濃さ」を考えてレンズを選びましょう。
また、カラーレンズの他、反射を取る偏光レンズ、紫外線でレンズの色が変わる調光レンズなど、様々なレンズの種類をご用意しています。

レンズカラーはどんな色がいいのか?色の濃さは?
曇っていても山では紫外線が強いので、レンズカラーを考えてオールマイティーに使えるスポーツグラス(サングラス)を選ぶのがベストです。
登山と一口に言ってもエヴェレストからハイキングまでありますので、それぞれに合ったレンズカラーをチョイスしてください。


例① - ヒマラヤなど極地用サングラス

z4とoz17 oz17レンズ 
▼OZ-17Rレンズ
青色光を完全にカットする特殊フィルターレンズ。雪山という特殊な環境下であなたの眼を守ります。
OZ-17R 詳細


例② - 国内登山など色が変わる調光レンズ

z4と調光 調光後 
▼調光レンズ(透明からブラウンへ)
色が濃くないので曇っていても森林でもかけていられる

レンズの色には様々な特徴や効果があります。実際にレンズを見て頂き、見え方や、明るさ(暗さ)などを比較してください。
アドバイスは冬の穂高、北岳など数々のクライミング経験があるスタッフと、サポートアスリートのフィードバックから行います。
あなたにベストな登山用スポーツグラス(サングラス)をアドバイスさせて頂きます。


サポートアスリート

青木達哉
◆ アルパインクライマー・登山家 青木達哉 ◆
青木氏はK2の最年少登頂記録、キャシャール峰南ピラー初登攀でピオレドール賞と若手実力No1です。
視力も悪いので、オリジナルZ-4の度付や、オリジナル極地レンズOZ-17Rなどをテストして頂きます。


サポートプロからの使用感想・装備

◆ アルパインクライマー・登山家 青木達哉 ◆

冬の大同心大滝
使用サングラス

◆ 登山家・栗城史多 ◆

エベレスト登山時使用サングラス

◆ 登山ガイド・船藤圭 ◆

富士山でのテスト①
富士山でのテスト②
富士山でのテスト③
富士山でのテスト④
富士山でのテスト⑤
尾瀬でのテスト


オードビースタッフのテスト

マッターホルンにて
スノーシューでのテスト
富士山でのテスト①
富士山でのテスト②
木曽駒ヶ岳でのテスト
山で使う老眼鏡
西穂高でのテスト
槍ヶ岳でのテスト

スタッフ佐藤
■>>最近の山行
■>>オーナーの山岳道具


登山用サングラス(一例)



z4-1
▲ オードビーオリジナル Z4 / ゼットフォー ▲
フレーム: オードビーオリジナル


フレーム価格: ¥12,000 (+税)
度付き対応


単焦点カラーレンズ価格: ¥9,000~(+税) 
単焦点調光レンズ価格:  ¥15,000~(+税)  
度付き仕様 納期:    1~2週間    

度なしカラーレンズ価格: ¥3,000 ~ (+税) 
度なし調光レンズ価格:  ¥7,000 ~ (+税)  
度なし仕様 納期:    数日~1週間    



ルディプロジェクト エアグリップ
▲ RUDY PROJECT / Air Grip ▲
ルディプロジェクト / エアグリップ


サングラス価格: ¥14,000~ (+税)

度付き対応モデル。レンズ価格はカラーにより異なります。
度付にする場合はフレームにレンズの値段が加算されます。


▼ご来店されるときの注意

レンズカラーは色合い、濃さにより、見え方が大きく変わります。
夕方以降、外が暗くなってからではレンズカラーの違いが確認できません。
天候は晴れていた方が違いが分かりやすいですが、ある程度天候が悪くても昼間の明るい時間帯にご来店ください。

▼度付きで作製する場合

現在主に使用している眼鏡をお持ちください。
ご使用中の眼鏡が良好であれば検査をしなくても製作できます。

視力検査をご希望の場合は、眼の疲れていない昼間にご来店ください。
(午後3時くらいまでがよいと思います)
夕方以降は眼が疲れている事が多く、視力が不安定になり、正確な度数が出ない場合がありますので夕方以降の視力検査はお勧めいたしません。

普段コンタクトを使用していている方はコンタクトを外してご来店ください。
(検査後の装用は構いませんのでコンタクトレンズはお持ち頂いても結構です)
コンタクトを外した直後も正確な度数が出ませんので検査はできません。
装着してご来店の場合は、コンタクトレンズを外してから眼の状態が落ち着くまで (装用時間により) 30分~1時間程お待ち頂きます。
視力検査は20~30分程かかります。

オークリーやルディプロジェクトなど、スポーツカーブのフレームを度付仕様にすることも可能ですが、
カーブ付きフレームの場合は製作度数に制限があります。店頭にてご相談ください。