EAUDEVIE

Sports Sunglass


スポーツサングラス
- チューンナップ -



▼フレームをより掛けやすく、使いやすくする調整の必要性

野球ならバットやグローブ、テニスならラケット、サーフィンならボード、自転車なら自転車車体、等、スポーツをするときの道具を自分が使いやすく調整するように、スポーツグラス(サングラス)もそれが必要です。特にオークリーのフレームなどは元々アメリカ人向けに作られている形状なので、鼻の高さやつるの当たり具合などを調整した方が使いやすさも抜群に向上します。

スポーツをしていてグラスがずれたりしてはスポーツに集中できないばかりか、安全にプレーできない場合があります。
オードビーではフレームの調整、フィッティングパーツを取り付けることでスポーツを快適に、安全にプレーできるようにします。

▼フレームお持込の調整もお客様サービスとしてお受けしておりますが、下記にご注意ください。

お持込調整については、改造になるのでメーカー保証が受けられなくなる場合もありますのでご了承ください。
商品をお持込頂き、出来るかどうかの確認となります。
パーツのみの販売は行っておりません、商品をお持込の上確認後販売となります。
お店の混み具合により対応できない場合がありますのでご了承ください。


サングラス調整価格表

サングラス調整
(&)当店でスポーツグラスをお買い上げの場合
「ノーズパット」、「ノーズパル」
はいずれかが初回サービス(無料)となります。

(#)当店でスポーツグラスをお買い上げの場合
「イヤーホルダー」、「スポーツバンド」、「グラスコード」
はいずれかひとつが初回サービス(無料)となります。

お持込の商品(スポーツグラス(サングラス))については、破損や保証の問題から本体に加工、調整を行っておりません。
掛け具合については「ノーズパット」や「イヤーホルダー」などをご利用下さい。
その場合、パーツは2個(セット)以上の多数販売はいたしません。

度付カラ―レンズの通常素材の場合、\17.280ですが、それより高くなる場合は下記の場合です。
・度数がかなり強い → \23.760 ~
・レンズがむき出しで割れない素材を使う場合¥30.240~
・ミラー加工や偏光レンズなど特殊レンズ → 別途お見積もり
簡易お見積り表をご利用ください。
度付きサングラス簡易見積もり計算機

度付きレンズの場合、すべてOZシステムにて製作致します。
「OZシステム」についてはスポーツサングラス度付きOZシステムについてをご覧ください。

調節部分などを詳しく知りたい場合はこちらからどうぞ。
サングラスのスーパーフィット


▼フィッティングパーツ例

調整汗止め 調整汗止め上 
[1]汗止め
ウレタン製。顔やフレームの形状によって、おでことの隙間を完全に埋めることができない場合があります。
「汗止め」と称していますが、実際は風が入りにくくなる「風除け」として使用される場合が多い。
スピードが出るロード自転車などに。


調整巻き込み防止 調整風除け 
[2]ゴーグルキット
サングラスをゴーグルのように風の巻き込みなどを防ぐようにする。
シールタイプなので取り付けが簡単。
スキー用サングラスやオートバイ用グラスに。


調整パーツ 調整パーツ2 
[3]ワンタッチゴーグルキット
サングラスをゴーグルのように風の巻き込みなどを防ぐようにする。
シールタイプなので取り付けが簡単。
スキー用サングラスやオートバイ用グラスに。

この商品はオードビーのオリジナルです。


調整鼻 調整鼻2 
[4]ノーズパッド
ウレタン製素材。
ノーズ調整ができないフレームに貼り付けることで、鼻のあたり、掛け位置、眼とレンズの距離を調節します。


高さ調整 高さ調整2 
[5]ノーズパル
ナイロン系素材。
ノーズが調整できないフレームに取り付けることで、鼻のあたり、掛け位置、眼とレンズの距離を調節します。
風が入っても良いスポーツ、テニスやゴルフなどに。
ノーズパルの取り付けはフレームに加工が必要になります。

この商品はオードビーのオリジナルです。


鼻調整1 鼻調整2 
[6]ノーズアーム
金属部分はベータチタン素材。鼻にあたる部分はシリコン素材。
普通の眼鏡フレームのように鼻の高さ、幅に合わせて調節することができます。
ノーズアームの取り付けはフレームに加工が必要になります。

この商品はオードビーのオリジナルです。


鼻ゴム盛り 鼻厚み出し 
[7]オリジナルノーズ加工
高さや厚みを出すことで鼻にフィットさせることができます。
また、スポーツグラスの掛け位置、眼とレンズの距離を合わせることができます。

■画像左:オークリー ファストジャケット
■画像右:オークリーレーシングジャケット
それぞれ右のノーズが加工したもの、左のノーズが未加工のもの。 大きさが違うのがわかります。


アドノーズ加工 アドノーズ加工2 
[8]アドノーズ加工
ノーズピース(ゴム)の上にカップ状のノーズゴムをかぶせて接着、ノーズ部の厚みや高さを出し、鼻にフィットさせることが出来ます。
また、スポーツグラスの掛け位置、眼とレンズの距離を合わせることができます。
元のノーズピースが小さく、ノーズコートの加工が困難な場合や、ノーズピースの形状が特殊な場合に有効です。

■画像左:オークリー ピットブル (奥:加工前のノーズ / 手前:アドノーズ取り付)
■画像右:オークリー レーダーロック


鼻加工3
[9]ノーズパル2
ノーズが調整できないフレームに取り付けることで、鼻のあたり、掛け位置、眼とレンズの距離を調節します。
パット部はシリコン製なので鼻あたりのよいパーツです。
金属部はベータチタン製。 角度や高さの微調整も可能です。
ノーズアームの取り付けはフレームに加工が必要になります。


イヤーホルダー ゴムパーツ 
[10]イヤーホルダー
耳の後ろをガッチリキープ。ストレートテンプルが多いスポーツグラスに有効なパーツです。
グラスの掛けはずしも容易にできるフィッティングパーツの定番。


スポーツバンド スポーツバンド2 
[11]スポーツバンド
マジックテープ式になっており、長さ調節、掛け外しをします。
激しく動くサッカーなどに。


サングラスの浮き輪 サングラスの浮き輪2 
[12]グラスコード
マジックテープ式になっており、長さ調節、掛け外しをします。
激しく動くサッカーなどに。