EAUDEVIE

Care/Cleaning


Care / Cleaning (サングラス、眼鏡の手入れ)


▼サングラス、メガネはケアが必要です。

眼鏡は消耗します。靴や洋服と同じで、毎日使えば消耗します。
靴は底の張替やブラッシング、洋服は洗濯やクリーニングしてケアするように眼鏡もケアしてください。
平日と休日そして趣味と分けて使うとよいでしょう。
革靴とスーツでゴルフはしませんよね。
同じ眼鏡を使い続けるのであればきちんとメンテナンスしてください。

素材がいろいろなので手入れ方法が多種になりますが、すべてのサングラス、眼鏡にできるケアをご紹介します。
この方法で行えば長持ちします。

▼通常のケア
(1) 付属のメガネ拭き兼用ソフトケースまたは付属のメガネ拭きで拭く。

▼ホコリ、砂埃、塩水が付いている場合
(1) 水洗い
(2) ティッシュペーパーで水気を取る。
(3) 付属のメガネ拭き兼用ソフトケースまたは付属のメガネ拭きで拭く。


▼汚れがひどい場合
(1) 水洗い
(2) 家庭用中性洗剤で指洗い。
(3) 水洗いで洗剤をおとす。
(4) ティッシュペーパーで水気を取る。 (5) 付属のメガネ拭き兼用ソフトケースまたは付属のメガネ拭きで拭く。

▼その他
・ステム部分にバネが使用されている場合は、最低月1回、機械油を差してください。
・ナイロールの糸は消耗品で、突然切れる場合があります。
これは交換してもすぐ切れてしまうこともあります。年1回は点検しましょう。
・レンズを保護する為にシリコンゴムを使用している場合はレンズのガタがでてきましたら再処理となります。

というわけで年1回はメンテナンスが必要です。
当店お買上げ品に関してはメンテナンスはすべて無料ですのでお気軽にご来店ください。
但し、作業に時間がかかる時はお預かりとなります。

■注意事項■
(1) 上記の方法のみ行えばOKです。ゆえに上記に出ていない事、例えば
・お湯で洗う
・塩水がついているのにメガネ拭きで拭く
・タオルで拭くなどを行うと傷がついたりコーティングが剥がれます。

(2) 保管、使用場所で60℃以上になる場所は壊れます。
・車や密封されて温度が上がる場所
・サウナ、お風呂

(3) その他
・通常サングラスレンズはポリカーボネート製でミラーコーティングされている商品が多数です。
これらのレンズは市販の曇り止めやクリーナーに弱い場合があるので使用しない方がいいです。
・よくティッシュペーパーでふくと傷がつくと言われていますが、レンズのコーティングはティッシュで拭いて傷がつくほどやわにはできていませんのでご心配なく。
傷がつくのは砂やゴミが付いている状態でティッシュでふくからです。

当店のオリジナルミラーレンズも、ティッシュペーパー1000回摩擦テストに合格しています。
今回ご説明している方法でもティッシュで汚れを拭くのではなく、水気を取るだけの作業ですから問題ありません。

・この方法できちんとケアしていても、サングラス、メガネは2~3年が工業製品として性能が維持できる期間と考えてください。
(それ以降は経年劣化により当初の性能は維持できなくなってきます)
・メガネ、サングラスレンズは吸水性があります。
中性洗剤や水は汚れなどを落とす役目ですので、長く漬けることは行わないでください。
超音波洗浄器も長時間はお勧めできません。
・よく選手などがサングラスを頭やヘルメットにかけているのは間違った使い方です。
当然顔より大きく広がるため、レンズに負担がかかったりフレームが変形してしまいます。